カラーコーディネーターのお仕事

色で表現する

コンテンツタイトルアイコン

カラーコーディネーターはショップのディスプレイやファッションアイテム、メイクなどの色をどのようにしたらいいのかを提案することが主になります。色にはそれぞれ効果がありますので、その効果をきちんと理解した上でコーディネートを提案する必要があります。
つまり、カラーコーディネーターは色をあらゆる形で表現する力と、色の持つ心理的作用を理解することが大切なのです。

また、ファッションのお仕事以外にもカラーコーディネーターは活躍しています。例えば、企業のロゴや看板の色の提案や、企業が出す商品の色、またインテリアや建築物などの空間の色の提案など、様々な仕事の内容があるのが特徴です。

カラーコーディネーターになるには

カラーコーディネーターにはカラーコーディネート検定という資格があり、これを持っていると就職に有利になります。
色彩学はファッション系の専門学校や美術系の大学でも学べます。どのような仕事につきたいかで学校を選択するといいでしょう。
アパレルメーカーや化粧品メーカー、デパート、ショッピングモールなどなど、働く場所はたくさんあります。

PAGE TOP▲