スタイリストのお仕事

メディアを彩るお仕事

コンテンツタイトルアイコン

スタイリストは雑誌で活躍するモデル、ドラマや映画で活躍する俳優の演出用の衣装をコーディネートするお仕事になります。
対象のモデルや俳優のコーディネートのために、ファッションと小物の調達もしなければなりません。また、ショップやブランドと協力して衣装を提供してもらい、それを使ってコーディネートするのです。
スタイリストが手がけたコーディネートは雑誌やテレビなどで強い影響力を持ちますので、流行を発信していると言っても過言ではありません。
スタイリストに必要なスキルは、ファッションセンスはもちろんのこと、最近のトレンドをいち早く知って適応する情報収集力も大切です。コーディネーターとほぼ同じスキルを身に着けたいところです。

スタイリストになるには

スタイリストになるためには、服に関する基礎的な知識を知ることが必要です。ファッション系の専門学校で、服のデザインから製作までを学び、同時にカラーコーディネートもよく理解しておくといいでしょう。
資格や試験は必要ありませんので、卒業後はアパレルメーカーやスタイリスト事務所に就職し、こつこつとコーディネートのスキルをあげていくと道が開けます。
プロのスタイリストの助手について、そこから技術を学んで独立するといった道もあります。

PAGE TOP▲