コーディネーターのお仕事

顧客を、商品を華麗にコーディネート

コンテンツタイトルアイコン

コーディネーターは顧客の着こなしなどのアドバイスや、商品ディスプレイを飾るお仕事を指します。ファッションのアドバイスを与えることがメインと考えてもいいかもしれません。
そのコーディネーターに求められるものは、ずばりファッションセンスです。これがないと務まりません。

商品ディスプレイを飾ると、当然そのお店の看板になるのですから、ファッションセンスが悪かったら誰もお店に来ません。また、顧客をコーディネートしても、それがダサかったらお店やブランドの信頼も失います。コーディネーターはブランドのイメージを守りながらセンスを発揮する必要があるので、なかなかプレッシャーがかかる仕事でもあります。
当然ファッションセンスが問われますが、同時に情報収集力も問われます。最近は何が流行っているのか、どんなものがトレンドか、常にアンテナを張り巡らせながら情報を集め、コーディネートに反映する必要があるのです。

コーディネーターになるには

コーディネーターになるには、まず服飾の知識をしっかり覚えておく必要があります。ファション系の専門学校で服作り、カラーコーディネートなどを学び、服についてどこまでも詳しくなっていたほうがスキルが身につくでしょう。
学校で学ぶことも大切ですが、ファッション雑誌などに常に目を通し、最近のトレンドを吸収することも大切になります。

PAGE TOP▲