パタンナーのお仕事

服の形を作る仕事

コンテンツタイトルアイコン

パタンナーはファッションデザイナーが書いたデザインを元に、服の型を作る仕事のことを指します。型を作るだけだと思ってしまうかもしれませんが、その型作りはとても大変なのです。
パターンの寸法の違いで服のデザインが一気に崩れてしまうことがありますので、細やかな作業が求められます。
最近ではパソコンを使ってのパターン製作になっており、比較的作業がしやすくなっていますが、それと同時にパソコンの操作技術が求められるようになりました。
服作りの技術や量産するための知識と、パソコンの操作技術が重要になってくるお仕事です。

パタンナーになるには

パタンナーになるには、ファッション系の専門学校でパターンメイキングの技術を学ぶ必要があります。また、パターンメーキング技術検定試験で資格が取得できますので、取得しておくと有利になります。
パタンナーはアパレルメーカーに所属し、そこでアパレルブランドのデザインのパターンを作成する形になります。はじめはアシスタントから始まり、そこから経験を積み重ねて一人前のパタンナーになるのです。

PAGE TOP▲