ファッションデザイナーのお仕事

服のデザインを作るお仕事

コンテンツタイトルアイコン

ファッションデザイナーは一言で言いますと、服のデザインを考えて描く仕事です。
紙とペンがあればそれだけでデザインは出来ます。
一見するととても簡単そうに見えますが、簡単に勤まる仕事でもないんですね。色々大変なんです。

ファッションデザイナーは服の柄や色を決めるのはもちろんのことですが、どのような素材を使うか、どのように縫い付けていくかなど、完成するまでのプロセスまでも決める必要があります。
素材の知識、縫製の知識がないとデザインできません。
もちろん、デザインした服が必ず通るとは限りません。自信のあったデザインが没になってしまうこともよくあります。
また、流行のものはなにかしっかりリサーチすることも大切です。根気とセンスとリサーチ力が大切になってくるのです。

デザイナーになるには

ファッションデザイナーになるための必要な資格はいりませんが、色彩検定や洋裁技術検定などの視覚を持っていると有利になります。
まず、ファッション系の専門学校でデザインを学びます。同時にパターンや縫製の勉強もできます。デザイナーになるには、服作りの基本をしっかり覚える必要があるのです。デザインのセンスだけでできる仕事ではないことを覚えておいてください。
就職先はアパレルメーカーやデザイン事務所がメインになります。いきなりフリーになるのは難しいので、就職してしっかり企業から学ぶことも大切です。

PAGE TOP▲