和裁士のお仕事

一枚の布から素敵な着物へ

コンテンツタイトルアイコン

和裁士は一枚の反物から着物を作り上げる、断裁・縫製の技術を持った職種です。
着物にもたくさんの生地や素材があり、それに合わせて断裁の仕方や縫製の仕方も変わります。それぞれの素材はどのようにして仕立て上げればいいのかを理解する知識はもちろんのこと、綺麗な和服に仕上げる細やかな縫製の技術も大切になります。
また、仕立てた和服を綺麗に見せるためのコーディネートセンスも問われますので、作業の細やかさとファッションセンスの両方が必要になります。
成人式の振袖、浴衣など、和服に関する需要は高いままです。和裁士に求められる仕事の量も増えてきていますので、今後注目されるお仕事でもあります。

和裁士になるには

和裁専門の学校で着物の知識と断裁、縫製の技術を学んでおく必要があります。
また、和裁士になるには資格が必要で、学校に通いながら和裁技能検定の取得を目指しましょう。
取得して卒業した後は、和服メーカーや呉服店に就職して更に実力を積み上げていきます。一人前になった人は独立し、フリーの和裁士として活動することも多いです。

PAGE TOP▲