マーチャンダイザーのお仕事

市場調査から管理まで

コンテンツタイトルアイコン

マーチャンダイザーは担当する商品の管理の権限を持ったお仕事のことを言います。ファッション以外の商品でもマーチャンダイザーは存在し、商品計画、陳列、売上戦略などなど、商品経営に関する一切にことに責任を持ったお仕事です。

また、デザイナーやプランナーに指示をしたり、ショップの販売についての指示や計画を打ち出したり、あらゆる職種の人達との連携やコミュニケーションが必要になります。
判断力や決断力も大切ですので、マーチャンダイザーはまずリーダーシップが問われるかと思います。同時に情報収集力や営業のスキル、感性なども求められます。ファッションアイテムを世に広めるための影の功労者と言ってもいいでしょう。

マーチャンダイザーになるには

ファッション系のマーチャンダイザーになるには、専門学校でファッションビジネスについて学ぶ必要があります。市場経済、販売計画などなど、経済に関わる勉強をしておかないと、マーチャンダイザーとしての力が発揮されません。
また、ファッション以外にもマーチャンダイザーは存在します。どちらにせよ、担当する商品のことをよく知る必要がありますので、誰よりも勉強を積むことが大切です。
いきなりマーチャンダイザーになるのではなく、ショップスタッフなどで経験を積んでからなる方が一般的です。

PAGE TOP▲