プランナーのお仕事

ファッションの始まりを担う仕事

コンテンツタイトルアイコン

プランナーは、服や小物など、様々なファッションアイテムの新しいものを企画し、提案するお仕事です。企画が通れば、それをデザイナーに渡し、服や小物の制作に取り掛かります。

プランナーは当然、ファッションのことを知っていなければ企画はできません。
どのようなターゲット層にするか、コンセプトはどのようにするか、雰囲気はどうするかなど。細かく考えた企画を提案する必要があります。却下されれば一から作り直しになりますので、誰もが惹かれるような企画と提案力が求められるのです。
また、最近のトレンドを理解した上での企画が必要です。今後はどのようなニーズが求められるのかを考え、同時にブランドやメーカーのコンセプトを守りながら企画を立てていくことが大切です。
企画して終わりというわけではなく、服の完成まで見届ける必要があります。デザインや縫製に関わってくることもあります。

プランナーになるには

プランナーになるための必要な資格はありませんが、ファッションのことをきちんと知っていないといい企画は生まれませんので、ファッション系の専門学校でビジネスに関する授業を学ぶべきかと思います。
また、いきなりプランナーになるのではなく、ショップスタッフで働いてからプランナーになる人が多いです。現場をよく知り、トレンドを吸収する力を養ってから、新しいものを生み出す企画に携わっていきます。

PAGE TOP▲