バイヤーのお仕事

小売店や通信販売会社の仕入れ責任者

コンテンツタイトルアイコン

バイヤーは、メーカーやブランドの商品を買い付け、それを小売店や通信販売会社に仕入れる仕事を指します。
バイヤーは何でもかんでも商品を買い付けて仕入れているわけではありません。最先端のトレンド、小売店の営業方針に合ったものを選んで買い付けています。その時、商品を選ぶ目利きの力が重要になってきます。
バイヤーが買い付けた商品が店頭に並びますので、商品選びはかなり大切。また、取引先との価格や契約に関する交渉の話術も必要になってきますので、バイヤーに求められるスキルは非常に多いです。
また、海外から買い付ける場合は語学力を必要とすることもあります。

バイヤーになるには

バイヤーになるための資格は必要ではありません。
バイヤーはファッションのみならず、家電製品や食品、車などあらゆるジャンルで活躍しています。
ファッション系のバイヤーになるには、ファッションビジネスが学べる専門学校に通うといいでしょう。そこで商品の知識や交渉の仕方について学べます。
アパレルメーカーやセレクトショップ、雑貨屋など、ありとあらゆるところで活躍できるのもバイヤーの魅力の一つです。

PAGE TOP▲